So-net無料ブログ作成

2012 糸魚川備忘録 [自転車(BOMA)]

5月に糸魚川まで自転車で走る某イベントに参加しました。

 今回は札幌からの参加のため、自転車に乗れるようになったのは雪解け後の4月。
2月から公私とも多忙を極め、寝不足に練習不足。
ゴールデンウイークに走り込もうと思ったら連日の雨。
そんな不安要因を抱えたままのスタート。

 糸魚川スタート.JPG

(左側が私)

 今年例年とコースが変わり、山梨県山梨市万力公園スタートで、塩尻→松本→長野→妙高→上越→糸魚川のルート。
距離は308kmと15kmほど伸びてます。

1.山梨~塩尻 97.5km
 アップをかねて無理せず走る。夜明け前の山梨市は肌寒く、薄いウインドブレーカーが必要。

2.塩尻~大岡 55.7km
 無理せず走ったつもりだったが、日差しが強くなったあたりで具合が悪くなり、ここまで一緒に走ったIさんには先に言ってもらった。
体調優れずここで1時間半滞在。

3.大岡~信州 60.5km
 力は入らないケツは痛いと最悪。リタイヤも脳裏をかすめたが意地で走るもペースは上がらず。
信州で40分以上休憩と言うかのびてました。

4.信州~糸魚川 94.9km
 妙高からの下り区間も向かい風でペースは上がらず、上越市内に入ってからのバイパス区間も立体交差のアップダウンが多く、体力を奪われる。
直江津の手前のセブンイレブンで最後の休憩。
ここで一緒になった方と海岸線に出てから一緒に走る。
日本海側に出ると追い風。死んでいたはずの自分に最後のムチをいれ気合の疾走?
30km/hオーバーで走り続けるが、残り15kmでさすがにガス欠。
ここで前方を20~25km/hで走る集団がいたので最後尾について脚を休める。
のこり5kmで飛び出そうと思ったら、残り6kmで後ろから30km/hくらいのペースで抜いていく人がいたのでこれに追従。
そのまま糸魚川へゴール。

16時間近くかかりましたが、なんとかゴール。
練習不足が如実に出ました。

北海道から参加するのであれば冬場の走りこみ不足は致命的。
ローラーなどでしっかりと脚を作ることが必要です。
あとは4月の頭からちゃんと走りこむことです。
このイベント、レースではないので余力を残してゴールしないと楽しめません。

また出たいけど、コンディション作るのが厳しいなぁ。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

soraneko

そうなんです、良くレースでもないロングランイベントでなんでそんなにトレーニングが必要なの?と聞かれることが有るんですが、余裕がないと楽しめませんし、危険ですらありますよね。

今年の冬は、ローラーの購入が現実的になりそうです。
by soraneko (2012-08-25 21:38) 

teruteru

soranekoさん
 レースとサイクリングイベントの違いって、ゴールした時に余力を残すかどうかではないでしょうか。
前者はゴールした瞬間に力尽き、後者はゴール後に現地の食事や観光を楽しむのも目的かなと思います。

ローラー台は単調なので、その対策が必要ですね。
by teruteru (2012-08-26 14:57) 

ももんが

あの「イトイガワ」ですか!
お疲れ様でした。
凄いイベントですよね〜。
私にはとても無理です。
by ももんが (2012-08-29 23:25) 

teruteru

ももんがさん
 そのイトイガワです。
いつもヘトヘトでゴールするのですが、このイベントは余力を残してゴールしたいものです。
by teruteru (2012-08-31 22:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。